ニート・ニート・ニート

ORIGINAL

原作 三羽省吾:「ニート・ニート・ニート」

(⾓川⽂庫/2010年)

三羽省吾(みつば・しょうご)

1969年岡山県生まれ。2002年『太陽がイッパイいっぱい』で第8回小説新潮長編新人賞を受賞しデビュー。06年『厭世フレーバー』で第27回吉川英治文学新人賞候補、09年『太陽がイッパイいっぱい』で第5回酒飲み書店員大賞受賞。12年『Junk』で第33回吉川英治文学新人賞候補。他の著書に『イレギュラー』『タチコギ』『公園で逢いましょう』『Y.M.G.A 暴動有資格者』『JUNK 毒にもなれない裏通りの小悪党』『路地裏ビルヂング』『ヘダップ』『刑事の血筋』などがある。時代の変化に敏感な若者を描く作⾵で⼼の琴線にストレート響かせ、ほかの⻘春⼩説と⼀線を画す作品を次々と発表。本作の原作「ニート・ニート・ニート」では、一見はちゃめちゃな3⼈のニートがそれぞれに抱えている「いつか、きっと何かしなきゃ…」という⼼の声を代弁している。

表紙イラスト:みっつばー

⼩説「転⽣したらスライムだった件」のイラスト担当で知られる⼈気イラストレーター。⽉刊少年シリウスで連載中のコミック版ではキャラクター原案を担当。